沿革

1949年4月10日 創業(清原光学研究所)(東京都新宿区)
1987年6月18日 設立(株式会社化)
2007年3月 「先端的外観検査技術に関する調査研究報告書」
(当社相談役 清原元輔(当時社長)が幹事として参加))
2007年9月28日 増資(資本金 3000万円)
2009年7月 「高効率・高品質タンパク質結晶生成装置」開発開始
(平成21年度 先端計測分析技術・機器開発事業 機器開発プログラム)
2014年5月 URTRA FAST干渉計「SuperFIZ(スーパーフィズ)開発開始」
(NEDO 平成25年度インキュベーション実用化ベンチャー支援事業)
2014年6月20日 当社製の宇宙望遠鏡を搭載した人工衛星「ほどよし4号」の打ち上げ成功
2015年7月28日 増資(資本金 1億962万5000円)
株式会社エスケーエレクトロニクス(JQ6677)の子会社になる
2016年2月26日 Nature Science誌に微小重力高品質タンパク質結晶生成装置の記事掲載
2018年1月20日 光学業界を長年ご支援されている「板橋区」内に新拠点を設置。
新宿本社と山吹分室を統合し、新本社とする
2018年4月10日 本社(板橋区)に早稲田工場を移設し、全拠点を統合


当社の「チャレンジ」は続きます